ef shop

ef shop オープンしました!

本物を見極めるメディア出身のスタッフが、旬の素材とトレンドを吟味し、美味しいアイテムをご紹介しています。

今回はMakuakeで驚異の11,400%を達成した話題の『かんまかせ』。日本酒好きの方にはもちろん、美容・健康を大事にする、忙しく頑張る女性にお勧めしています!

オンナ心は、気分次第で『かんまかせ』

あなたの人肌燗・人肌湯で、
ゆっくりお家で飲むエステ!

冷えは万病のもと。血行が悪くなると、肌荒れ、むくみ、しみ、しわ、たるみ、を引きを越すなど、美容にも良くない、と言われています。

日本人女性のほとんどが「冷え性」に悩んでいる現代、カラダを温めて且つ美容にもいい日本酒の飲み方「人肌燗」ご存知ですか?

「熱燗」というと、湯煎やレンチンでは温度調節が難しいですよね。ボタン1つでこの「温度調整」を解決したのが2021年12月に発売になった『かんまかせ』。「人肌燗」「ぬる燗」など5段階の温度調整が出来き、軽く持ち運びが簡単、リビングで気軽に楽しめるコンパクトな日本酒を温めるお洒落な酒燗器が誕生しました!

Makuakeで驚異の11,400%を達成した今話題の「かんまかせ」。実は冷え性の方にも喜ばれています。


2つ付いているチロリの1つで人肌の日本酒を、もう1つで「人肌のお白湯」を交互に楽しむだけだから、飲むペースが分かりやすい。

しかも二日酔いの心配もなく、日本酒で血行がよくなり冷えを解消、お白湯で肌乾燥を防ぐだけでなく、むくみ解消、免疫力アップ、肌トラブルの解消も期待できます。


美容・健康を大事にしながら、お酒を楽しむライフスタイルを「かんまかせ」で始めませんか?

美容効果を高める『温活』3ステップ

1.温かいお酒でカラダを温める

お酒の中にもカラダを冷やすお酒と温めるお酒があります。原料の米やもち米、麹を原料とする日本酒、特に燗酒は、血管を拡張し、毛細血管の働きを活性化、体を温める効果が高まります。

さらに、アルコールの温度が体温に近いほど、吸収されやすく、疲れをとる効果があります。「かんまかせ」なら、人肌燗(40度)、ぬる 燗(45度)をキープ。ゆっくり体を温め疲れをi癒します。

2.やわらぎの水(お白湯)は人肌で

アルコールには揮発性があり、水分が残りづらく、カラダはカラカラの状態になります。そのため、軽い脱水状態になり、水分を補給が必要です。

そこで「お白湯」の登場。氷水や冷水は胃腸に負担 がかかり、体温と同じくらいの人肌がお勧め。1つのチロリに日本酒を、もう1つにお白湯を。
燗酒:お白湯(やわらぎの水)=1:2がおすすめめ。

3.冷え解消で、美肌・美白効果

燗酒で血行がよくなり、人肌のお白湯で肌乾燥を防ぐだけでなく、むくみ解消、免疫力アップ、肌トラブルの解消も期待できます。

日本酒に含まれるアミノ酸は美肌に「アルブチン」はメラニン色素を抑えシミを防ぐ効果 が期待できます。特に美容成分「アミノ酸」が多いのが純米酒。1日の適量はチロリ1杯を週に2~3 回。簡単に楽しみながら続けられるお家エステです。

『かんまかせ』ご使用方法

① 本体に水を入れます。
② チロリに日本酒、お水をそれぞれ注ぎます。

③ 本体にチロリをセットします。

④ スイッチを回し、お好みの温度に
  合わせます。ランプが赤く点灯し、
  加熱が始まります。

 設定した温度に達すると「ピピッ」と 
  音が鳴ります。

⑥ 日本酒とお白湯を交互にお楽しみください。

『かんまかせ』3種類ご用意しました!